子供服を買う頻度が難しい?

子供の成長はさまざま。
なので子供服を買い替える頻度も様々です。
子供服はサイズもしっかり決まっているので、着られなくなれば次のを買えばいいわけですが、子供も人間ですから、そんな単純にはいきません。
きつくなるまえに、少し前倒しして新しいのを買ってやろうと思うと、気に入っている様子で捨てさせないことや、買って間もないのになぜか!ボロボロにしてしまう時もあります。
きつそうなのはかわいそうだけど、好きなものを捨ててしまうのはもっとかわいそうです。
やはり大人の視点で、大きくなったら別の服、という単純なプロセスで子供は動いていないのです。
そんな時におすすめなのが子供服のリメイクです。
これなら買い替えの頻度であれこれ悩む必要がありません。
リメイクといっても、難しいことはしなくてOK。
近頃は、生地どおしで使える接着材、これがとても便利です。
乾いてしまえば洗濯しても剥がれることはありません。
なので、小さくなった洋服の肝心な一部をきりとり、新しい服に貼り付けてあげるのです。
慣れないうちはなかなかうまくいかないので、練習しながらがよいでしょう。
子供と一緒にやれば子供も楽しめるので、とてもおすすめな方法です。

子供服を買い替える頻度は?

子供服でよく問題になるのが買い替えの頻度。
大きくなるのはうれしいことなのですが、この前買ったのがもう?なんてことはざらです。
これが男の子となると、成長の度合いが激しいですね。
女の子は女の子で、お洋服がやっぱり好きなものだから、ねだるし泣くし、ついつい必要がないのに買ってしまいます。
子供服は大人の服よりも高いことがあり、お目が高いのか、制作側がクレバーなのか、高価なものばかりを欲しがる傾向があります。
もともと高価なのが安くなってないかなと、ネットオークションをたまに見てみるのですが、これっていうのは結構値がはるし、気づいたら終わってたというのが続き、あまり使わなくなりました。
そこで教えてもらって最近よく利用しているのが、リサイクルショップです。
子供服が存外に多く、また使用感がないものがあるのです。
お店の人にきくと、リサイクルショップで買ったものやもらいものは、あまり着る頻度がなく、状態がよいまままた帰ってくるのだそう。
そして価格が安い。
頻度を気にせず買えますよ。
結構目からウロコでした。
みなさんもぜひ一度いってみてはいかがでしょうか。

pickup

Last update:2016/1/19

Copyright (C) 2015 「Child Weare」All rights reserved.