ギフト用の子供服の選び方

親戚や友人に対して、子供服をギフトとして選ぶということがあると思います。
そんな時、どんな基準で選ぶのがよいのでしょうか。
各お家に、ポリシーなり考えがあり、ギフトとして贈っても喜ばれないものはあるはずです。
でもそれはそもそも大人の物語。
シックなのが好みの両親が、いやがる子供(女の子)にいつも黒い子供服を着せているのを知っていますが、それって幸せなことなのでしょうか。
だからといって、そんな親の事情を無視して、子供が喜びそうな子供服を贈るというのも社会人のふるまいとしては適切ではありません。
そうなるとギフト券に逃げたくもなるのですが、思いついたのがこれ。
子供ががっかりするほど決して地味ではないけど、親が眉をしかめそうな下品さがない、ヨーロッパ製の子供服です。
お値段は安くない。
でも親同士の関係をただ良好に保つために子供の気持ちを犠牲にするより、また子供が喜ぶことを優先して、先方に愛想笑いをされるより、すこし懐が傷むくらいがいい、それが精一杯の結論なのでした。

自分も先方も楽しい子供服ギフトとは?

ギフトというのは難しいものですが、直接的な面識が少なく、パーソナリティや好みも把握できていないお子様への子供服のギフトとなるとなおさらのこと。
頭を悩ましておいでの方は多いのではないでしょうか。
お家の方針などもありますし、子供たちにだって好みありますから、そのあたりの折り合いをつけることはほぼ不可能に思える難題です。
そこでおすすめしたしのが手作りです。
子供服なら洋裁の技術がなくても、思いのほか簡単につくることができます。
そしてなにより素材を自分で選べることがポイントです。
たとえイタリア製の高級生地を使ったとしても、ギフトとして様になるレベルの一般的な子供服を買うよりもリーズナブルです。
そして市販のものより確実に縫製も、素材もよいものを使うことができます。
手作りなら、確実に心がこもった品物になりますし、なにより手作りするという行為自体が結構たのしいのです。
また包装などに手をかけるのも実に新鮮です。
何がよろこばれるか、なかなか答えの出ない問いにあれこれ悩むよりも、押し入れにしまってあるミシンをぜひこの機会にひっぱりだしてみてはいかがでしょうか。

注目サイト

2016/11/2 更新

Copyright (C) 2015 「Child Weare」All rights reserved.